水周りの工事を始めよう

防水工事で防水層は撤去が必要?

防水工事で防水層は撤去が必要? 建物や建造物を雨や雪、紫外線などから守り長期間保護する工事のことを防水工事と言います。
防水工事に使用される防水材の耐久性能は10年から15年とされ、工法次第では20年以上保護することも出来ます。
しかし、傾斜屋根以外の屋外やバルコニーなどの屋根では瓦や粘土板岩を使用したコロニアルを始めとした屋根葺材を使うことが出来ません。
その場合は屋根面を漏水から守るために雨水を防ぐ防水層を設置して対応します。
その防水層が劣化している場合には改修工事が必要になりますが、調査した診断結果により改修工法が異なります。
改修工事では下地の防水層の機能を生かしながら新しいものを被せる工法が主流となっています。
しかし、既存のものの劣化状態が酷い場合には下地に穴を開けて新しい物を付け加える機械的固定工法や、撤去すべき状態の時には既存のものを剥がしてやり直す必要があります。
それぞれ、現在の状態を見て判断することが適切です。

防水工事の工程

防水工事の工程 防水工事には、ウレタン防水、FRP防水、塩ビシート防水、アスファルト防水などの工程があります。
ウレタン防水は、材料自体が液体であるため、隙間があったり、でこぼこしていたりする場所に適しています。
継ぎ目がなくなるため、完全に防水することができます。
FRP防水は、材料がプラスチックである点から、耐水性と強度に優れています。
そのため、水槽やバスタブなどに多く使用される工程です。
塩ビシート防水は、シートという特性上、施工する箇所が平坦でなければいけません。
平らであるという条件がそろえば、防水だけでなく、熱や紫外線に優れた耐久性を持っているため、長期的な活用が望めます。
また、工事期間も短く、低費用で済ませることができるのも特徴です。
以前までは、ゴムシートが用いられていましたが、現在は塩ビシートが主流となっています。
アスファルト防水は、液状のアスファルトとアスファルトシートを積層させる工程です。
耐久性と水密性に優れています。
防水工事は、部分的なものですが、結果的に鉄筋の錆を防ぐなど、建物の劣化を防ぐ意味でも良い影響をもたらしています。

新着情報

◎2017/3/24

防水工事をDIYする
の情報を更新しました。

◎2017/1/4

防水工事技能士の資格
の情報を更新しました。

「防水層」
に関連するツイート
Twitter

POLYFIN(ポリフィン)は既存防水層を撤去せず新たな防水層をアンカーで固定する機械固定カバー工法により施工されるため既存防水層の状態及び屋上の形状を問いません。

Twitter ecohouse_fun エコハウスに住もう - 6分前

リツイート 返信

ウレタン防水の特徴は継ぎ目がないこと、防水層を厚くすることで高い防水性を発揮すること、施行中でも高温にならないことが挙げられます!住まいの耐久性を高めるためにも、10年に1度はチェックして塗り替えるといいでしょう!

Twitter smile_hokkaido (株)住まいる北海道 - 0:37

リツイート 返信

下地を問わない。古いビルやマンションでは、すでに数回の改修歴があり既存防水層の撤去が困難な場合がありますが,POLYFIN3076 は機械固定かカバー工法により既存防水層の状態を問いません。

Twitter ecohouse_fun エコハウスに住もう - 昨日 20:30

リツイート 返信

アスファルト防水工事の特徴としては、一般的な工法の一つで、コンクリートで押さえている場合で寿命約20年、押さえが無く防水層が露出している場合でも10~15年と長寿命であることです。

Twitter tweet_565656 防水工事@塗装工事 - 昨日 18:33

リツイート 返信

ポリウレタンなどで塗膜を形成することにより、防水層とする、塗膜防水という工法があります。 ヘラやローラー、刷毛、吹付機などで塗布し、決められた厚さの塗膜に仕上げることにより、防水の機能をもたせるのです。

Twitter tweet_565656 防水工事@塗装工事 - 4/23(日) 18:31

リツイート 返信

アスファルト防水とは◆ビルの屋上などの水平な屋根に施されるもので、アスファルトを合成繊維に含ませたルーフィングというシートを重ねて防水層を形成し、その上にコンクリートなどで押さえます

Twitter tweet_565656 防水工事@塗装工事 - 4/23(日) 11:31

リツイート 返信

ソーラーパネル、屋上は置き基礎(コンクリ)が多いと思う。固定する時に防水層を貫通するからね。 うちは風で飛ぶのをできるだけ避けたかったので、屋上にアンカーを打って固定し、防水工事も一緒にやった。 アンカー打つのに配筋を避けたのでパネル枚数も少ない。

【施工】トーチ工法は厚手のアスファルトルーフィングシートの裏面をトーチバーナーで溶融しながら下地に張りつけ、防水層を作る工法である。 #kentikushi

防水工事にはいくつかの種類がありますが、どの工事にも共通して言えるのは、必ず屋上防水トップコートの塗布をうということです。これは、太陽光からの影響を防ぐためです。防水層の傷みが比較的軽い場合は、トップコートを塗り替えます。

Twitter tweet_565656 防水工事@塗装工事 - 4/22(土) 19:45

リツイート 返信

ウレタン防水の特徴は継ぎ目がないこと、防水層を厚くすることで高い防水性を発揮すること、施行中でも高温にならないことが挙げられます!住まいの耐久性を高めるためにも、10年に1度はチェックして塗り替えるといいでしょう!

Twitter smile_hokkaido (株)住まいる北海道 - 4/22(土) 6:37

リツイート 返信